ぎっくり腰

急な腰の激痛はぎっくり腰?!まずは蕨駅・西川口駅・川口駅の朔-SAKU-鍼灸整骨院へご相談を

ぎっくり腰とは急性腰痛症のことであり、慢性的な腰痛と比べて痛みがひどく、歩いたり、立ったりすることもままならなくなります。ぎっくり腰は、腰の筋肉への過剰な負荷が腰、背中の筋肉の損傷につながるために痛みが引き起こされます。

ぎっくり腰は安静にしていれば痛みは徐々に治まってきます。しかしきちんとした治療をせずに安静にして痛みが引くのを待っているだけでは、根本的な原因の改善にはつながりません。筋肉が損傷してしまった部位をきちんとケア、治療してあげなければ、ぎっくり腰はすぐに再発をしてしまうのです。

ぎっくり腰の再発を防ぐためにも、腰に激痛が走った場合には、まずは一度蕨駅・西川口駅・川口駅の朔-SAKU-鍼灸整骨院へご相談ください。蕨駅・西川口駅・川口駅の朔-SAKU-鍼灸整骨院では患者様の症状を問診、触診で丁寧に確認してから、患者様に最適な施術、治療を提案させていただきます。

ぎっくり腰の急性期は非常に痛みが強いですので、無理な施術は行いません。痛みを和らげる鍼灸治療を得意としている蕨駅・西川口駅・川口駅の朔-SAKU-鍼灸整骨院ならではの施術を行っていきます。痛みが和らいだところで筋肉の緊張をほぐし、柔軟性を取り戻すことで再発を防いでいきます。ご相談だけでも随時受け付けておりますので、ぜひ蕨駅・西川口駅・川口駅の朔-SAKU-鍼灸整骨院へご連絡ください。

サブページ

http://www.saku-aoc.com/


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事